請求に必要な書類を知る

最近、テレビのコマーシャルや広告などで過払い金についてよく目にしたり、耳にしたりするようになったと思います。

そこで、自分も過払い金を請求するとお金が返ってくるのではないかと思っている人もたくさんいると思います。

過払い金を請求するとなった場合、必要な書類となるものはどのようなものがあるのだろうという疑問を持っている人もいると思いますし、具体的に請求することを検討しているというのであれば、必要な書類は事前に準備しておく必要があるので、どういったものが必要なのかをまずは知っておく必要があるでしょう。

過払い金を請求するという場合、ほとんどの人は、専門的な知識もないため、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することになると思います。

よって、まずは弁護士や司法書士に相談することから始まると思いますが、相談する際には身分証明書を提示することになるので、相談しに行く際には免許証など身分を証明できるものを持っていくことを忘れないようにしなければいけません。

また、相談をして依頼をするということになれば契約を結ぶことになるので、印鑑を念のため持って行くべきでしょう。

また、借り入れ先や借入額がわかるものは全て揃えておきましょう。業者との契約書や明細書、クレジットカード、さらに引き落としをしている通帳など、たくさん揃えておくと、相談の際に話もスムーズに進んでいくでしょう。

全て揃っていないと請求出来ないというわけではないので、出来る範囲で揃えて持っていきましょう。

 

手続きから返還までの期間について

現在、過払い金を請求することによって、お金が戻ってくる可能性があるかもしれないという人は、過払い金の請求について強い関心をもっている人も多いと思います。

もし過払い金が戻ってくるというのであれば、いくらくらい戻ってくるのかということが気になるとは思いますが、手続きをすると返還されるまでの期間がどれくらいかかるのかということも気になるところだと思います。

過払い金を請求してお金が戻ってくるまでの期間は、ハッキリと決まっているわけではなく、請求する業者がどのような対応をしてくるかによって大きく変わってきます。

請求をするとどの業者もすぐに合意をするというわけではありませんし、なかなか合意してくれない業者もあります。

最初に取引履歴を業者から送ってもらう必要がありますが、その取引履歴を送ってくれる際も早いところであれば1週間くらいで送ってくれますが、1ヶ月経ってもなかなか送ってくれない業者もあります。

これだけでも業者によって、手続きが進んでいく期間が大きく変わることがわかると思います。素早く対応してくれる業者であっても合意してお金が返金されるまでは、早くても2ヶ月から3ヶ月くらいはかかるのが一般的です。

対応が遅かったり、なかなか合意してくれないという業者であれば半年から1年くらいかかることもありますし、裁判になればさらに期間がかかってしまいます。

また、合意してから実際に支払われるまでには3ヶ月から半年くらいかかるので、早くてもお金が返還されるのは半年くらいはかかると思っておくべきでしょう。

無駄遣いのし過ぎでお金がない

日常定期的に購入しているもので、今後1年以上は使いたいと思っている物をこの増税を前に、定期コースをやめてまとめ買いをしました。

具体的な商品ですが、まず日常のスキンケア用のオールインワンゲルです。それから粉末状の青汁。そして関節痛予防に飲んでいるグルコサミン&コンドロイチンのサプリメント。

あとは、届くのは今まで通り定期的な間隔なのですが増税前に年払いするなら安くなるというサービス利用した長野のお味噌屋さんの麹味噌。以上です。

お定期購入は割安だったり送料無料だったりと得点があるものですが、まとめ買いすることでもほぼ同じサービスを受けれるのでトータルで考えたら税金分が安くなりましたので得した気分です。

あとは無駄遣いと言えば無駄遣いなのですが、4万円のスプリングコートを買ってしまいました。店員さんに「増税前に買った方がいいですよ」の言葉に乗せられてしまいました。

購入するとき、現金を持っていなかったので、絶対に購入します!!と軽く取り置きみたいにしてもらって、私でも審査の通る消費者金融(http://xn--h9jdr.com/)を利用して、そのコートを購入しました。

今思えば、店員さんに言われても自分の意思を通しとけば・・・なんておもっちゃったりもします・・・なぜかというと、同じようなコートを一着持っていたからです・・・デザイン的には少し古いかもって感じなのですが、着ようと思えば全然着れる範囲のものなので・・・・

しかも、新しいもの、ちょっと高価なものって着たり付けてたりするのってなんとなく汚したら。。。
とか、無くしたら・・・とかっていう心配でなかなか身に着けることができない性格をしているので、この買ったコートもまだ着て出かけていないんですよね(´・ω・`)

京都で過ごした学生時代

晴れて大学生となった私は、京都の大学近くで一人暮らしをはじめました。ありがたいことに実家からの仕送りで家賃・学費はまかなうことができましたが、それ以外費用を一切自分で負担することにしました。
幸運なことに有名な大学に入学しましたので、家庭教師や塾講師の口はいくつもありましたので、そういったものである程度の稼ぎを得ることはできていました。

ところが、予想以上に金がかかる。一番困ったのが教科書代で、私の場合は法学部に入学しましたので、各授業ごとに教授指定の専門書を購入する必要がありました。これがまた非常に高額で、今となっては仕方のないことと割り切れたとしても、例えば、そこまで読み込みもしない教科書一冊で3000円以上することも当たり前のことでした。
なんとか節約しようと先輩からもらったり、古本屋で手に入れたりすることもあったのですが、改訂されてりまっていたりと、結局新品を買うことの方が多く、各タームの最初にはまとめて5万円以上はその出費にあてる必要がありました。

大学生にとっての5万円の大きさと言えば、それはもう尋常ではなく、それに重ねて大学のサークルの合宿で2万、学部のクラスコンパで3000円などなど、こういった負担がボディーブローのように私の家計を圧迫するようになりました。

時給3000円の家庭教師のバイトであったとしても、一日にフルタイムで働くことなど当然不可能で、収入なんてどう頑張っても10万円が限度、そんなに働いてしまっては、大学の授業も満足に出席しきることもできませんし、また、友人と遊ぶこともできなくなってしまいます。

結局、働かなければ遊びに行けないが、遊びに行ってはお金を稼ぐことはできない、働かなければ生活できない、余裕のある生活をしたければ大学の授業をある程度犠牲にして働かなければならない、といった、よくわからない悪循環に陥ってしまっていました。
そもそも一人暮らしなどしなければよかったのですが、自活して生活すること(とは言っても家賃を負担していないのですが)がこれほどまでに大変なことだったのかと、親父に感謝する気持ちを持ったことを今でも覚えています。

結局は、学生でも借りれる消費者金融で借りることもありましたが、なんとか4年間やっていけました。